直し屋のWAFFLE2018

2018年09月16日 12:24

直し屋では唯一の定番アイテムとして製作してるサーマル。

昨年から完全に作り直した「新型WAFFLE」としてリニュアールしましたが

今年はさらに煮詰めた新型の新型として販売いたします。


直し屋ブログでは火、木曜日のブログで昨年モデルのおさらいと、

2018年版の変更点について長々と説明してきましたので

興味のある方は読んでください。

いわゆるアメリカの下着とは全くの別物です。

DSC_0129_20180913125358450.jpg

私は自分が着用したい服を作っています。

なので製作する色も自分が着るのしか作りません。


色だけだとつまらねえ店だと思いますが、

差し色を作ってメインカラーを売る方法よりも物作りに説得力があるかと。

自分の引き出しを完全に公開してるんだからリアルです。

DSC_0139_2018091312535714b.jpg

ホワイト、ブラック、グレー、ネイビーの単色4色展開です。

サイズはS、M、Lの3サイズ。

伸縮性が高いのでこの3サイズでほとんどの方に対応可能だと思います。

DSC_0145_20180913125356bc0.jpg

並びを変えてみます。

今年のイチオシは新色のグレーです。

万能中の万能。

「キング オブ ユーティリティ」です。

DSC_0147_2018091312535403c.jpg

写真は未洗いですが洗い込むと表情が全く変わりますので

毎日の洗濯も楽しいです。

DSC_0107_20180913125612ff7.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 ホワイト

サーマルと言えばホワイトって方も多いでしょう。

重ね着の下に来た時のイメージが作りやすいですね。
DSC_0073_20180913125609a60.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 ブラック

当店では最も反応が良いブラック。

ブラック×ブラックの組み合わせも素材感が変わると

すごく好きな組み合わせです。

DSC_0080_2018091312560627e.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 グレー

新色のグレー。

色、着心地、素材感の全てが良いのでものすごくオススメです。

これ、絶対に売れる。

ものすごく自信あります。

DSC_0097_201809131256295ab.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 ネイビー

直し屋の象徴的なネイビー。

ネイビー×ブラックの組み合わせ好きです。

独特のネイビーはインディゴのライトなコットンセーターみたいに見える。

DSC_0088_20180911182901baf.jpg

首リブはバインダー。

いわゆるオールドテイストな仕様なんですが

私はバインダーが好きではありません。

DSC_0115_20180911182852ab8.jpg

え、どう言うこと?

あくまでも個人の意見ですが私はリブの首が好きです。

首の長さで衿の形は合う、合わないがあります。

この話はタイミングが有れば書きますが面倒なので今日はやめます。

DSC_0038_20180911182843abb.jpg

では何でうちの自信作と言い切ったサーマルがバインダーなのか?

簡単です。

サーマルだから。

DSC_0064_20180911182838bea.jpg

私の考えではバインダーのサーマルと

少し高めに設定した直し屋のT-Sを組み合わせた時の見た目、

着心地こそが最も良いと思っているバランスなので

バインダーなんです。

DSC_0093_20180911183527801.jpg

袖先はもちろんのリブ仕様。

先ほども言いましたがサーマルの良さは

重ね着してこそ発揮されます。

DSC_0118_20180911183525d0b.jpg

伸縮性が高い素材を体に密着させ、

自らの熱を逃がさない為に袖先はリブです。

DSC_0046_201809111835218a9.jpg

私はT-Sと重ねる事がほとんどですが

このサーマルの性能を最も発揮するのが長袖との重ね着です。

厚手じゃなくてロンTで問題ない。

DSC_0068_20180911183519898.jpg

簡単に説明しますと冬にフリース着てて暖かいのは

室内かインナーに着てる時だと思いませんか?

バイクや自転車でも風が強ければフリースってかなり寒い。

風を通しちゃうからです。

なので最近はウインドストッパー等で防風性を高めたフリースが

主流となっていますがサーマルも同じようなもんです。


サーマルはいくら肉厚に作っても保温性は高いが防風性はゼロ。

なので冬のインナーまではT-Sとの重ね着で問題ないが、

真冬のインナーにするとサーマル×ロンTが良いんです。


ポイントは冬と真冬の使い方。

熱が逃げてくれる事で蒸れずに不快指数が低いってのもポイントですが

あくまでも外、室内、動く、動かない等の状況で

サーマルと何を重ねるかを考えると面白いです。

その読みが当たった時の快適さこそがうちの日常着がギアとなる瞬間でしょう。

DSC_0139_2018091312535714b.jpg

物作りには意味がないとダメ。

色んなディテールを詰め込んだ服って意味がないから

今年しか着れない服になるし、ほとんどの場合ただダサい。


サーマルが最も輝くインナーとしての機能を求め、

そこに特化したサーマル本来の姿が表現できたと思います。

ちなみに重ねるロンTはリブなしの方がゴロゴロしないで着やすいです。

まさにうちの真夏のロンTはベスト。

身幅大きめの重ね着も出来るロンTなので抜群です。

DSC_0147_2018091312535403c.jpg

写真の悪さで物の良さが表現できていませんが、

一度でも袖を通してしまうと他のサーマルが着れなくなります。


少しでも興味を持ってしまった物好きの皆様、

サーマル界のロールスロイスをご堪能ください。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。

7/27(金) ダウンタウンなう KONTYU CLUB Tシャツ 浜ちゃん着用

2018年07月22日 12:05


7/27(金)21時55分〜フジテレビ系列で放送の

「ダウンタウンなう」

今年も浜ちゃんが昆虫クラブのT-Sを着用します!

DSC_0126_2018051812281115f.jpg

5月に受注し、6月末に販売したT-Sなのですでに完売カラー、

サイズもありますが浜ちゃんが着用してるネイビーは

M、Lサイズご用意あります。

DSC_0095_2018051812265023f.jpg

2018S KONTYU CLUB T-S ホワイト

真夏といえばホワイト。

トリコロールカラーが直射日光には似合います。

DSC_0104_20180518122649e11.jpg

染み込みプリントなのでボディの触り心地と、

プリント部分の触り心地が同じ。

汗がたまらないので着心地も良いですし、風合いも素晴らしい。

DSC_0030_20180518122815ec4.jpg

2018S KONTYU CLUB T-S ネイビー

今回のテレビ放送で浜ちゃんも着用するネイビーには

とびきり複雑なプリント方法を採用しています。

DSC_0045_20180518122814480.jpg

ボディから色を抜き、そこに多色のプリントを刷る。

本来はラバーのベタつきか、インクジェットでシート状のプリントを刷るしか

ホワイト、グレー以外には出来ませんでいたが

発想の転換とプリント屋さんの超絶技巧で染み込みと同じく、

無地と触り心地の変わらないプリント方法ができました!


洗い込む事で風合いも増しますので

とにかく着心地と風合いの良いT-Sが作れました。

DSC_0004_20180518122958e18.jpg

2018S KONTYU CLUB T-S キッズ&レディース オートミール

キッズ&レディースは150㎝のラスト1枚です。

大きめな小学校高学年の子供か小柄な女性に良いサイズです。

小柄な中学生でも着れるサイズかと。

DSC_0010_201805181229584ae.jpg

こちらはオートミール。

ホワイトだと汚れも気になりますのでオートミール好評でした。

こちらも染み込みプリントなのでノンストレス。

子供用に大人よりも小さい版を作ってるのでバランスも抜群です!

DSC_0118_20180518122647cf5.jpg

ブラックは完売ですがホワイト、ネイビーは販売分のご用意ありますので

気になった方、ご検討お願いいたします。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「SEABEETLES」 販売スタート!

2018年06月09日 16:24

直し屋ブログで告知しておりましたが遂に完成です!

ショッピングページ

US NAVY所属のSEABEES(設営部隊)のキャラクター蜂と

カブトムシを足したオリジナルデザイン。

設営部隊と言うところに親近感を感じまして「SEABEETLES」には

針、糸、ハサミ、定規、メジャーと仕事道具を持たせた直し屋のキャラクター。


いつかゼロスタートで作るオリジナルT-Sを作ったら

最初のデザインT-Sは「SEABEETLES」と決めていましたので

遂に目標が1つ形になった思い入れの強いアイテムです。

DSC_0052_20180607142951f5b.jpg

ホワイトにはネイビーの染み込みプリントで

ネイビーにはイエローの着抜プリントです。


昔は抜染と言う手法に色を入れる事ができませんでしたので

ネイビーはラバープリントしか出来ませんでした。


5年前とは技術と知識が上がった事で今回は成長したプリント方法を採用。

抜いて、そこに色を入れる手法(着抜)により

2色とも無地のT-Sと触り心地が変わりませんし、

風合いがものすごいT-Sを作る事が出来ました。

DSC_0055_20180607142950b0e.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「SEABEETLES」 ホワイト

DSC_0065_20180607142949fc8.jpg

夏のT-Sと言えばホワイトの方も多いでしょう。


いつもは大まかに青系、濃い目、濃紺のように

大まかな指定で色出しをしてましたが

今回は世界基準のカラーサンプル帳を買って出したい色にこだわりました。

DSC_0076_201806071430234fd.jpg

青でも濃紺でもないどこかインディゴっぽいネイビー。

良い色でたなあ。

DSC_0080_20180607143023d00.jpg

光の加減でネイビーの見え方が違う。

本当に美しい色味です。

DSC_0083_20180607143022297.jpg

SEABEESをサンプリングしてますので蜂感もありながら

うちと言えばのカブトムシ感もある。

外国の方にも好まれそうなデザインですね。

DSC_0087_2018060714302174b.jpg

SEABEETLESはステンシルっぽい感じ。

デザインばかりの説明書きましたがボディは本当に評判の良い直し屋オリジナル。

今年のポケTのポケットがない無地を製作してプリントしております。

DSC_0070_20180607142948fad.jpg

こだわりのピスネームが全体を引き締めます。

このピスもコットン混ぜ込んだ風合いの出るピスネームですから

プリントT-S用のボディとしては贅沢すぎるくらいです。

DSC_0090_20180607143132f00.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「SEABEETLES」 ネイビー

DSC_0099_2018060714313212f.jpg

直し屋と言えばネイビー。

今年のポケTでは抜けのネイビーで作りましたが

これはパキッと明るめのネイビーで、

昨年、製作したポケTのネイビーと同じです。

DSC_0108_20180607143130e91.jpg

着抜で表現したイエロー。

イエローと言っても抜いて、色を入れる手法だと

狙ってる色味が出ないので出したいネイビーとイエローのバランスを

表現するのは本当に大変です。

DSC_0111_20180607143129cd5.jpg

この風合いはたまりませんね。

今回は洗濯とタンブラー乾燥だけなので

全体的にフワッとした仕上がりとなります。

DSC_0118_20180607143203854.jpg

普通に洗濯機で洗っていただければ

奥に隠れてる「コシ」が出てきますのでその変化も楽しみ。

DSC_0120_20180607143202d64.jpg

真夏に着てもラバープリントみたいに

プリントの周りに汗が集中するって事はありません。

触り心地は無地のT-Sと何も変わりませんので

暑さによるストレスも最小限。

DSC_0116_20180607143203897.jpg

紺黄最強説。

UCLAカラー、紺黄のダンクに続いて「SEABEETLES」

と言われる日は来ませんがそのレベルだと思います。

DSC_0105_20180607143130b3c.jpg

このピスネームはコットン×ポリ。

一般的にはこのサイズだとポリ以外使われていません。

織りから変えて作ってもらった超こだわりの「JAPAN MADE」

DSC_0052_20180607142951f5b.jpg

ALL JAPANで表現したアメリカっぽいT-S。

今のところ今年の半袖T-Sはこれで最後です。

こだわりにこだわりを詰め込んだ直し屋的真夏のプリントT-Sをご堪能ください。


ショッピングページ


確認お願いいたします。

DSC_0134_20180607143202aa7.jpg

まずは先行でメインの2カラーが販売となりますが

今月末に一番左のスミクロも入荷します。

こちらは完成次第となりますので黒系がお好きな方は

今しばらくお待ちください。

昆虫クラブT-S 予約受付は本日20時まで

2018年05月27日 12:44

今年はちゃんと準備ができたのでイラストではなく、

販売商品と同じ完成度のサンプルがご用意できました。

だからなのか?

それとも単純にデザインと質感が伝わったのか?

予想以上に多くのオーダーありがとうございます。

DSC_0126_2018051812281115f.jpg

カラー、サイズを悩んでいる方がおりましたら

確実に入手できる予約受付は本日の20時までとなります。


予約オーダーの締め切りは5/27(日)20時までとなります。

最終の悩みお願い致します。

DSC_0004_20180518122958e18.jpg

[予約商品] 2018S KONTYU CLUB T-S キッズ オートミール

90〜150まではこのデザインと同じです。

女性にも選ばれる160は大人のホワイトと同じ大きさのプリントになります。

DSC_0030_20180518122815ec4.jpg

[予約商品] 2018S KONTYU CLUB T-S ネイビー

今回は企業ロゴ。

大量生産、大量消費、利益重視となる大企業へのアンチの気持ちを

ローカルサービスと入れる事で表現した企業ロゴ的なメッセージT-S。


なので安価で製作して配布される企業ロゴT-Sからは想像もできないほどの

超絶プリント技巧で製作したウチでしか作れないT-Sです。

DSC_0063_201805181229202ba.jpg

[予約商品] 2018S KONTYU CLUB T-S ブラック

ネイビーと同じ技法で製作したブラック。

ラバープリントでしか作れないと思っていたデザインを着抜プリントで表現しました。

汗をかいても無地のT-Sを着てるのと同じ感覚なので

プリントに汗が集中して変な感じにはなりません。


これはパキッと色を出したい場合には採用できない手法ですが

風合い重視とのバランスが今作では抜群にハマりました。


大量生産へのアンチと書くと

ほとんどの物作りを否定するようになってしまいますが

そう言う事ではなく、こだわりを大切に物作りしてるって事です。

DSC_0095_2018051812265023f.jpg

[予約商品] 2018S KONTYU CLUB T-S ホワイト

今年の昆虫クラブでぶっちぎりの一番人気。

直射日光が最も似合うカラーリングに落とし込んだので

それが気に入っていただけて嬉しい。


今年は例年よりも長い期間を受注期間。

明日にはオーダー全部まとめてプリント屋さんにオーダーかけるので

オーダー締め切りは本日、5/27(日)20時まで


ショッピングページ

納品は7月の前半となります。

よろしくお願い致します。

昆虫クラブ2018 予約受付スタート 直し屋

2018年05月21日 16:34

こんにちは、直し屋です。

うちのブログでは週末からスタートしておりますが

今年も昆虫クラブの季節です。


キッズ、レディースは受注生産のみ。

大人用は店頭販売分も製作しますが数は少ないので

確実に欲しいカラー、サイズが決まってる方は受注オーダーお願いします。


締め切りは5/27(日)20時まで。

受注予約商品となりますので

「◯月◯日 午前指定」のような指定はしないで下さい。

平日は一番遅い時間、土日は午前等には対応可能なので

備考にお書き下さい。



今まではキャラクターっぽいデザインだったり、

何かとカブトムシ、クワガタの融合だったりでしたので

今年は初めてのロゴデザイン。

DSC_0118_20180518122647cf5.jpg

誰も予想できなかったであろう新しい昆虫クラブのスタイルに挑戦しました。


どちらかと言うと子供に寄せたデザインで作ってきましたが、

8年前はキャラ系でも良かったお兄さん達が完全におじさんになりました。


なので今作はおじさんにも嬉しい、

子供にもハマるデザインに落とし込みました。

DSC_0126_2018051812281115f.jpg

デザインだけではなく、当店といえば高次元のプリント方法にもあります。

今作はとてつもない手法に挑戦したのでそこも説明していきたいと思います。

DSC_0095_2018051812265023f.jpg

[予約商品] 2018S KONTYU CLUB T-S ホワイト

真夏のT-Sと言えばやはり白でしょう。

ホワイトにはブルーとレッドでトリコロールにしました。

DSC_0104_20180518122649e11.jpg

今年のデザインのイメージは企業ロゴ。


企業ロゴ特有の温かみのないデザインの中に

真逆の「LOCAL SERVICE」と入れる事で

大量生産、大量消費、利益重視な物作りへの

アンチな気持ちを表現しました。

DSC_0109_201805181226486fe.jpg

ホワイトには染み込みプリント。

古き良きアメリカのT-Sと言えばこのプリント方法でしょう。

販売は未洗いとなりますが洗い込んで馴染む成長も楽しめます。

DSC_0112_2018051812264841c.jpg

ホワイト、ブルー、レッドのカラーがバランスよく出せたと思います。

洗込んでプリントが馴染んで、直射日光に照らされた時をイメージしてみて下さい。

DSC_0100_201805181226507df.jpg

袖には新しいピスネーム。

こう言うひと手間が物としてのレベルを1つ上の世界に導きます。

DSC_0030_20180518122815ec4.jpg


[予約商品] 2018S KONTYU CLUB T-S ネイビー

直し屋と言えばネイビーでしょう。

今作はダメ元で新しい超絶技法に挑戦しました。

最初は水性ラバーで発色を重視しようかと思いましたが

温かみが欲しかったのでチャレンジです。

DSC_0045_20180518122814480.jpg

正確に言えば違うんですがわかりやすく説明しますと

1 ネイビーからデザインのベースになる色を抜く「抜染」

2 そこにイエローをプリント「着抜」する。

3 そのベースにネイビー文字を染み込みプリントする。

4 レッドを染み込みプリントする。

5 洗濯、タンブラー乾燥する。

DSC_0047_20180518122813c9b.jpg

この説明で伝わった方は直し屋の「通」です。

要するにこのプリント方法はラバープリントではないので

触り心地が染み込みで同じでボディの質感と変わりません。

DSC_0052_20180518122812c0c.jpg

染み込みプリントが白、グレー系にしか使えないので

こう言うプリントをそれ以外にしようとするとラバープリントになります。


実際、当店でも不可能だと思っていたのでこの9年間、

あきらめていましたがこれまでの経験と多くの失敗からプリント屋さんに

方法を提案したところ出来そうだからやってみようとなり、

思いっきり失敗もしましたがとんでもないプリントが完成した訳です。

DSC_0039_201805181228145a3.jpg

ネイビーにはホワイトのピスネーム。

温かみが出ないはずの企業ロゴに温かみが出ました。

DSC_0063_201805181229202ba.jpg

[予約商品] 2018S KONTYU CLUB T-S ブラック

今回は黒の色合いが出せればものすごく良いのが作れると思って

挑んだんですが、素晴らしい完成度のアイテムが作れました。


ホワイトは未洗い、ネイビーとブラックは洗濯、タンブラー仕上げなので

少しサイズ感が小さくなる可能性があります。

DSC_0079_201805181229195ba.jpg

最初のサンプルでは全然うまく出来なくて、

かすれたインクジェットみたいな感じでした。


そこで現場の方に出したい部分の色味を強調したいと伝えて

この見事な完成度になりました。

DSC_0083_20180518122918424.jpg

これが「水性ラバー」じゃなくて「着抜プリント」だって信じられない。

これの良さは風合いと汗をかいてもラバーじゃないのでベターっとしません。


ラバープリントが悪いんではなくて、出したい雰囲気を表現するのに

今回はラバーでは無かったと言う事です。

DSC_0084_20180518122918b50.jpg

はっきり言いますがこんなプリント方法が採用されてるT-Sは

日本中を探しても無いです。

高技術、高コスト、アイデア、経験、知識、手間の全てをつぎ込みました。

同価格帯で販売されてるT-Sがかわいそうなので比べないであげて下さい。

これは当店の企業努力なだけで、利益を削って頑張ってるだけです。

分かる方が見たらなぜこの価格なんだと衝撃を受けるプライスです。


こうなると技術的な部分からここまで手間をかけるなら

本当はオリジナルボディで作りたかった。

でもそこは「NAOSHIYA CUSTOM FACTORY」ではなく、

昆虫クラブだから違うってなります。


昆虫クラブはできるだけお買い求めやすい価格で販売し、

多くの方に楽しんでいただきたいのでいつも使ってるボディを採用しております。

今年はマイナーチェンジで少し着丈が短く感じますので

身長の高い方、着丈重視の方は1サイズ上にしても良いかと。

DSC_0004_20180518122958e18.jpg

[予約商品] 2018S KONTYU CLUB T-S キッズ&レディース オートミール

90〜160まではオートミールにしました。

150と160は女性でも着れるサイズなので親子で着用いただけます。

女性にはSサイズもオススメです。

DSC_0010_201805181229584ae.jpg

ホワイトだと汚れが目立つので避けがちですが

オートミールなら大丈夫でしょう。

DSC_0013_20180518122957520.jpg

グレーも考えましたが汗が目立つのでオートミール。

大人用ホワイトのカラーリングを落とし込んだのですが

トリコロールのバランスがこれも良い。

DSC_0018_20180518122956dd7.jpg

サンプルは120センチです。

90〜150まではこれと同じプリントサイズで

160は大人用のホワイトと同じサイズのプリントとなります。

DSC_0019_20180518122956b0f.jpg

キッズ用はピスネームの位置にもこだわりました。

真夏に大汗かきながら遊ぶ子供の袖にピスネームが付いてたら

邪魔でしょうから裾に付けました。

DSC_0021_201805181229557ea.jpg

見た目だけなら袖でも良いのですが

機能美こそが最も良いバランスだと思うのでここに。


かっこつけてる人がダサくて、

自然体な人がかっこいいのと同じです。

DSC_0118_20180518122647cf5.jpg

昆虫クラブとはもともと私の趣味で

ただカブトムシとクワガタを育ててるだけです。


欲しい人もいるかと思って作る度に受注始めたら

それが真夏の風物詩になっただけで私の昆虫採集用ユニフォームです。


7月の前半にお届け予定なのでこれを着て、

どこに遊びに行くかを考える楽しみも含めて、

カラー、サイズのご検討をよろしくお願いいたします。


ショッピングページ


締め切りは5/27(日)20時まで。

受注予約商品となりますので

「◯月◯日 午前指定」のような指定はしないで下さい。

平日は一番遅い時間、土日は午前等には対応可能なので

備考にお書き下さい。






Newer post