せやけど、α'sスタイル

2016年08月22日 13:23

今月、新入荷のEngineer Bootsを紹介します。




先日、「Durable,1STAR」の「The WILD ONE,Johnny仕様」

Blogで紹介しましたが、今回Engineer Bootsでの「Johnny仕様」のドンズバです。

image3.jpg








_DSC7062_201608220249566bf.jpg
"Engineer Boots, CHIPPEWA"
size 12
198000+tax。



_DSC7064_20160822024958d5e.jpg
CHIPPEWAの通称「縄タグ」。




_DSC7081.jpg
トゥにはスチールなどが入っていないのでナローフォルムです。




_DSC7083.jpg
ナイロンコードのセパレートソール。

ラバーに縄のようなナイロン繊維が練り込まれ、

オイルなどで滑らないようにグリップ性を高められた樹脂のソールです。

セパレートソールのCHIPPEWAの中でも「Johnny仕様」はこのナイロンコード製のものです。




_DSC7082.jpg

_DSC7091_20160822025019ac8.jpg

_DSC7079.jpg

_DSC7080.jpg

_DSC7068.jpg
同じ年代製のものでも、縫製の仕様の違いや、

ローラーバックルの型状にも年式による差異があります。




image2.jpg
さらに、

映画「Rebel Without a Cause(理由なき反抗)」の劇中、

James Deanも初期型CHIPPEWAによく似たフォルムの

Engineer Bootsを履いているっぽいし、

image1.jpg
脇役のDennis Hopperも今回のCHIPPEWAと同じ

ソールパターンのセパレートソールのEngineer Bootsです。

断定は出来ませんが、全員CHIPPEWA製の可能性があるかもしれません。






自分の話になりますが、

19歳の頃 新品のRED WINGを手に入れたのが始まりで、

Engineer Boots歴は四半世紀を跨いで、

ほぼ毎日Engineer Bootsを履いている事になります。



久しぶりに魂を揺さぶられるようなBootsに出会いました。




image1_2016082213301651c.jpg










お問い合わせは、

フェイクα

03-3404-0168
11:00~20:00


まで。

通販可


Newer post